試験に受かるユダヤ式記憶術の評価は?【ネタバレ・PDF・5ch】

ユダヤ式記憶術は知る人ぞ知る手法で一部では相当使えると評価の高い記憶術です。

記憶術って一度やり方さえ覚えてしまえば一生使えます。自分への投資としてこれ以上のものはないかもしれません。

 

ユダヤ式記憶術のPDF本編入手はこちら

 

ユダヤ式記憶術の起源について

もともとヨーロッパでルネサンス期に開発され、ある理由により日本では詳しく紹介されてこなかった方法が、ユダヤ式記憶術という方法論です。

ユダヤ式記憶術は、瞬間記憶術とは違い、身につければずっと使えます。

試験勉強は長期戦ですからね。

覚えたことをいかに長期間頭の中に保持できるかが重要になります。

だからこそ、長期間の記憶が可能なユダヤ式記憶術がおすすめしたいです。

知識を真に体系化する方法で、“時系列や順番はどうなっているか、

原因と結果は何か、前後関係は何か、前提条件は何か、

対応関係(対立関係)は何か、均衡状態があるか、発展関係が存在するか“

知識同士の関係付けをし、秩序立てて整理する。

理屈の無いことは短期間で必ず忘れてしまいますが、

理屈があり、理解できたことは、長期間覚えていることが可能なのです。

ユダヤ式記憶術は長期間忘れない記憶術

理屈があり、理解しながら記憶していく方法です。

一つの図式を覚えておけばよいので長期間でも忘れることがありません。

覚える事柄同士に意味のつながり(理屈)を持たせて覚えていき、

ユダヤ式記憶術の図式は“思い出すきっかけ”をたくさん持っている、

“抜けなく思い出せる図式”になっているのです。

体系化の方法の中に、様々な“思い出すきっかけ”が頭に入る仕掛けがあるので、

ユダヤ式記憶術は思い出すのに強い方法になっています。

今使われている記憶術とユダヤ式記憶術の違いについて

ユダヤ式記憶術には以下のメリットがあります。

① 長期間忘れない方法

② 思い出すのに強い方法

③ 才能が必要ない方法

記憶の3つの要素

①頭に入れる(インプット)

②頭の中で保持する

③頭から取り出す(アウトプット)

ユダヤ式記憶術を学ぶことで得られる長所

①試験に合格するだけでなく、社会で活躍できる方法

②自分に自信を持てる

③仕事で武器になる方法

普段私たちがよく使っている左脳(論理脳)を十分に活用する方法論で、

司法試験をはじめ難関国家試験や

東京六大学クラスの難関大学受験の対策に抜群の効果が期待できます。

難解な事項もスラスラと覚えられる全く新しい方法を公開しています。

 

試験に受かるユダヤ式記憶術の詳しい内容公開はこちら

 

覚えることに悩んでいたり、効果的な暗記の仕方を誤解している受験生の解決法になりますよ。

受験生には、インプットする(頭に入れる)よりも、

思い出すこと(アウトプット)ができない人が多いということを実感した松平勝男さん。

ある知識と他の知識の間にあるべき“関係性についての理解”が抜けているということに気づきました。

体系化された知識が頭に入っていなかった!?

「思い出すこと(アウトプット)ができない人が多い」と

「体系化された知識が頭に入っていない」

ことは密接な関係があります。

松平勝男さん自身も、様々な記憶術を実際に使って役立ててきました。

なかでも、ユダヤ教のカバラ思想やヘルメス学の影響を受けた記憶術(ユダヤ式記憶術)は、

強力な武器になったといいます。

“何かを覚える”ことに関してポイント

「思い出す」

「体系化された知識」

「理屈が必要」

どれをとっても、全てを満たすパーフェクトな方法です。

まずは、記憶するのに一番合理的でラクな方法(=“王道の方法”)を使って

目の前の試験をクリアしてみませんか?

ユダヤ教のカバラ思想を発祥とする図式を使うユダヤ式記憶術が最も強力な方法です。

試験に受かるユダヤ式記憶術は、知識を関連づけし、理屈があり、理解しながら記憶していく方法です。

これで、試験に役立つ実用的な記憶術があなたのものになります。

松平勝男さんが実際に使ってみて役に立った記憶法や勉強法、試験合格術まで余すことなくお教しています。

試験に受けるユダヤ式記憶術の公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました